キャッシングの利率

キャッシングの利率についてお話したいと思います。

テレビでも電車の中でも、いたる所で様々なキャッシングの貼り紙や宣伝広告を見る機会があります。新たな利用客を得るため、キャッシング会社は様々な貸付スタイルをあみ出しているのです。

これまで、キャッシングに関するイメージは、必ずしも良いものではありませんでした。

近年では、成人の10%はいずれかの形でキャッシングを利用したことがあるといわれています。社会問題にまで発展していた、出資法に定められた利率と利息規正法での上限利率との間であるグレーゾーンが撤廃さたことも一つの要因でしょう。

上限利率が明確化されたことで、安心してキャッシングができるようになったわけですが、さらにキャッシングで融資を受ける側にとっては朗報なことに、2007年の法改正によってキャッシングの利率が低くなりました。これでより安心してお金を借り入れることができるわけです。

グレーゾーンのめいっぱい上での貸付は29.2%にもなりましたが、2012年以降は20%以上の利率では貸付ができません。また改正貸金業法が完全に施行された後は、無担保ローンは年収の3分の1までしか借りられなくなります。例えば、年収300万円の人は、100万円までしか借ることができないのです。

キャッシングサービスについては、消費者金融会社だけでなく、カード会社や各種銀行も次々と新しい商品を作り出しています。少ない利息で有効にお金が使えるキャッシングを、身近なものにするように積極的に働きかけているのです。

確かに使い方によっては、便利に活用できそうなのがキャッシングですが、キャッシングはあくまで借金をすることなのです。ですからキャッシングを利用するのであれば、利息のことや返済のことをしっかり考えてから利用するようにしましょう。